東北地震。

春にはまだ程遠い東北での大地震。
テレビで知り あまりの被害に絶句。
被災された多くの方々にお見舞いを。
亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

東京在住の義妹の無事を確認するためメールを。すぐに返信あり。
一人は仕事場で一晩過ごすことに。
もう一人は千葉で足止め。
翌日 無事帰宅できたと。

大阪までも地震の揺れを感じたと聞きビックリ。
思い出すのが16年前の阪神・淡路での震災。
私達夫婦も大阪で少なからず経験しました。

前日から体調が悪かった私。
夜間診察を終え帰宅し布団に潜り込んだ瞬間 身体が宙に浮くような感覚が。
すぐに身体を起こし しんのすけの身体に覆いかぶさり揺れが収まるのを待ちました。
1分経っても揺れが収まらず食器・花瓶が割れトースターが飛び
尋常じゃない揺れの中 主人が素早く玄関のドアを開けに。
当時古いマンションの4階に住んでいたので唯一の避難経路が玄関。
ドアが開かなくなるのを避ける為 機転を利かした主人。
飛んでいったトースター。
変形したものの今も我が家で頑張ってくれています。

日が昇るにつれ刻々と入る被害状況。
主人の友達は神戸在住。
携帯電話の普及率は今ほどではないので安否確認が出来ず心配した主人は
買えるだけのレトルト食品と飲料水・ガソリンなどを車に積み込み
真冬でも窓を全開にして余震が続くなか被災した友達のもとへと出発しました。
私は無事を祈るばかり。

出発から丸一日経ち主人が無事帰宅。
道無き道を走りようやく友達と友達家族の無事を確認。
行く先々の光景があまりにも無惨だったと。

ライフライン確保の作業の為 私の弟はフェリーで神戸入り。
電柱に登り作業をすると目に入ってくるのは遺体。
ショックでご飯も喉を通らないほどに。
余震が続くなかの作業のため滞在先では枕元にヘルメットを置いての就寝。

翌年には復興した神戸。
復興の影にたくさんの問題もあったようですが美味しいモノ・おしゃれなモノ
綺麗な夜景をまた堪能できるまでに。
人間のパワーって凄いです。

東北のみなさんも必ず復興してくれることを願っています。
[PR]
by blicolage | 2011-03-13 23:21 | 日々のこと | Comments(0)


<< 卒業式。 今月のLe*tete終了♪ >>